婚活サポート専用コール

080-5185-1908

代表電話:027-310-3643

無料カウンセリング予約はこちら

成婚ストーリー

真剣交際を終了した後に出会えたご縁

お名前
Mさん
年齢
35歳
性別
女性
結婚歴
初婚
活動期間
1年1か月
交際期間
5か月
お相手
34歳・初婚
おっとり清楚系のMちゃん。
彼女は、担当婚活カウンセラーに対し、報告・連絡・相談を徹底してくれる婚活会員さんでした。
お見合いや交際について、自分の思い込みで決めつけずに、経緯と事情を話し、結論を出す前に担当婚活カウンセラーに意見を求めてくださいました。そのため、誤解や判断ミスを防ぎ、婚活を進めていくことができました。

そんなMちゃんですが、婚活中に真剣交際に入ったお相手との別れ(交際終了)を経験しました。
プロポーズも近い状態でしたが、どうしても受け入れがたいことが起きたのです。
そんなときもひとりで勝手に判断せずに、担当婚活カウンセラーへ事実を打ち明けてくださいました。
お相手の担当婚活カウンセラーと連絡を取り合い、相談所間で話し合いを行い、そのご縁は交際終了となりました。まもなくゴールを控えたところで、Mちゃんの婚活はスタート地点に戻ることになりました。

あの決断は間違えていなかった

担当婚活カウンセラーは、Mちゃんの気持ちに細心の注意を払いました。
それまでの婚活を見守ってきた経緯から、Mちゃんにはさらに良いご縁が訪れることを確信し、Mちゃんに自信を持つように声掛けを行いました。
Mちゃんは、前を見て婚活を続けました。その結果、Mちゃんは本当のご縁に出会うことができました。
あのとき、交際終了の決断をしていなかったら、いまのご主人に出会うことはできませんでした。

会えない分、電話でご縁を育んだ

IBJでは、交際中はなるべく週1回のデートを推奨しています。
ですが、遠距離だったり休日が合わないといった事情でなかなかデートができないというケースもあります。

Mちゃんと交際相手は、2週~3週に1度程度しかお会いできない代わりに、毎日電話でご縁を育んでいきました。
「なかなか会えないけど、毎日電話ができているので、距離感が縮まっているように感じます。」「電話でいろいろな話ができています。」
定期面談に来るたびに、Mちゃんは幸せそうな表情で報告してくれるようになりました。

LINEをもらえない、電話をもらえない、会ってくれないと相手のせいにしないこと。

おっとりしているMちゃんですが、婚活の動きは積極的でした。
Мちゃんの口から、LINEをもらえない、電話をくれない、会ってもらえないというセリフを聞いたことがありません。
なぜなら、彼女は自ら動くからです。

Mちゃんは交際相手には自ら毎日LINEをするので、マメではないお相手だとしても、いつのまにかマメに連絡をくれるように変わっていきます。相手に何かを求めるのではなく、Mちゃんは自ら実行します。
連絡を取り合っていく中でお互いのことを知っていけるので、ご縁の有無も自然と早くにわかります。

相手のせいにせず、自ら動いていけることがMちゃんの婚活の武器でした。成婚退会時に、Mちゃんが語った言葉です。
「連絡頻度より歩み寄りが大切だと思います。」

成婚退会(婚約)から2か月後、入籍となりました。
ご夫婦の末永いお幸せを願っております。

メインビジュアル

Counseling 無料カウンセリング予約

エプーズモアを初めてご利用のお客様専用 無料カウンセリング(約60分)

オンライン形式

対面形式

ご要望に合わせて、どちらも対応可能です!
入会の有無に関係なくお気軽にご相談ください。